DigiFi7アンプ・・・

画像


先日発売された DigiFi(No.7)付属の USB DAC付デジタルパワーアンプ をいじって見ました。

 まずは概要だけは書いておきます、このデジタルアンプはUSB給電だけで 10W+10W の出力が有り本格的スピーカーが繋げられるとの売りなようです。

 USB は 5V 500mA です、つまり 2.5W しか供給できないにのに 10W+10W???なんで???と思いますが、2007年頃にヤマハが小型スピーカーで USBパワードスピーカー NX-U10 て製品が出ました、USBバスパワーだけで 10W+10W(瞬間出力) の出力を実現したって書いてあり原理を調べてなるほどと思った事があります、原理的には一緒なんでしょう。

 とりあえず、いつも RSDA202 に繋げて使っている NECプラズマディスプレー用スピーカー(PX-61SP1U/S 定価94,500円)に繋げてみました。

 感想としては・・・物凄く良い音がします、極低音からフラットに高音まで綺麗にでています、 音量的にも専用リスニングルームでクラシックをガンガン、防音室でロックをガンガンって使い方をしない限り必要十分、うちのようにアパートだと Windowsボリュームで25% プレーヤーで25%で十分で、夜なんて低音が漏れてプレーヤーの音量を12%にしか上げられないジャンって感じです、とても+5V 500mAで動いているとは思えない音です・・・まぁ~基盤にドデェ~ンと載っかっている16V 6800μFのコンデンサの威力ですかね??。

 1日ずっと聴いていましたが、良いですねぇ~・・・本誌でスピーカー比較用に使ってたりしていますが、十分に鑑賞に堪えるアンプだと思います。

 聴いていて、SE-200PCIを買った時に RSDA202 にダイレクトに繋げて聴いた時を思い出しました、あれ??って事は今の環境はダメダメですか??・・・PC ⇒ 8chステレオミキサー ⇒ ヘッドフォンアンプ(THRU OUT) ⇒ グライコ ⇒ RSDA202 ⇒ スピーカー って構成ですが・・・色々と入りすぎていますかね?? グライコは調子悪いので最近はスルーになりっぱなしです。


 ここで一つ疑問・・・うちのパソコンのUSBは普通の仕様で流せる電流は 500mA です、最近は iPhoneとかiPadを受電できるようにと電流容量の大きなUSB端子にしている仕様がありますが、電流容量を増やしたらどうなるか??。

 やって見ました、千石の二股電源USBケーブルを使ってみました・・・おぉ~軽めだった低音に重みが増えたように感じます、総合出力??Aのセルフ電源HUBを使ってみるのも良いかもって・・・それでは電源を外から供給じゃん(^^; 、とりあえず標準的なUSB端子には二股ケーブルは有効の様です。

 そこで考えました、電源ラインが強化されたオーディオ用USBケーブルって有るだろうと・・・結果!!調べて後悔しました、なんだこの値段??・・・封印しましょう。

 DigiFi 1~6が 1,300円で 今回のDigiFi7がこのアンプ付で2,980って事はアンプが 1,680円です、これだけの物をこの価格で販売できるとは・・・絶句ですね。

とりあえず、予約で2つ買っておいて良かったって感じです。


>※ 音の良し悪しは、あくまで個人的好みによる感想になります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 小型スピーカー・・・

    Excerpt: 音が良いって歌っている超小型アクティブスピーカーをいくつも買っているが・・・いつも謳い文句に騙されていて部屋に幾つも転がっているのに、懲りない私ですw。 Weblog:  ~~~ 怠惰な日々の日記 ~~~ racked: 2012-12-10 00:04