小型スピーカー・・・

音が良いって歌っている超小型アクティブスピーカーをいくつも買っているが・・・いつも謳い文句に騙されていて部屋に幾つも転がっているのに、全く懲りてない私ですw。


秋葉原を散策中に イシオス てお店で見つけたスピーカーです。

画像


このスピーカーも、前回紹介した上海問屋のスピーカー DNSB-69759 と同じく背面にドロンコーン(パッシブラジエーター)が付いていて気になって買ってしまいました、なんか DNSB-69759 とドローンコーンの構造がそっくりなので作っているメーカーが一緒のような気がします。


【安くて低音が強い!】USBバスパワーサラウンドスピーカー 1,280円

Webページに書いてある事から・・・

【商品詳細】
 電源:USB接続
 音声出力:3.5mmステレオジャック
 外形寸法:72*75*95mm
 2.2チャンネル:(ダブルユニット/ダブル振動板構造形式)
 許容入力:3W*2
 定格周波数範囲:100~18000Hz
 感度:85db
 カラー:シルバー

【商品説明】
 コンパクトなサイズでパワフルなスピーカー!
 本体背面にも振動板が搭載されていて、コンパクトなバスパワースピーカーでもかなりパワフルでクリアな音を楽しめます!!

 あれれ??・・・2.2チャンネルって、パッシブラジエーターは 2.2チャンネルとは違うでしょ??。


【箱に書いてある説明です】

 CX-827 MINI SPEAKER AAS BASS ENHAVCE DEVICE
 3DSOUND TECHNOROGY WITH 2.0 CHANNEL SPEA SYSTEM
 USB BUS POWER 5V/1A
 100Hz~18KHz
 2×3W
 S/N>85dB

 らしいです・・・Webページの感度って S/N比のようですね、5V 1AってUSBの仕様は0.5Aじゃないっけ??。
 付属品として、スピーカーを斜め上に向ける台が付いています。


接続して聞いてみる・・・

 やはりドロンコーンの小音量の欠点はあります、しかしある程度音量を上げると 1,280円と超小型 とは思えない音がします、低音の量も良いのですが、音がバラバラ??で聴きにくいので、またまたエージングを掛けて見ました、ホワイトノイズとブラウンノイズを各12時間ほど・・・。

 音のバラバラ感は全く無くなり、いままでの激安・超小型スピーカー(ここ重要です)とは比較にならないほどの音がします、普通に聴くのに不自由しない程度の低音もちゃんと出ます、音楽は非常に聴きやすく、上海問屋DNSB-69759 より良い音がします、非常にバランスが良いんでしょう、音質はマイルドで聞きやすいですが、チョット高音の煌めきが少ない感じで、音はチャンと左右に別れておりますが奥行き感は余り無い感じがします。


・平原綾香 Jupiter
 有名どころをです、90~150Hzほどのベース音は聞こえますが、パイプオルガン風の低音の40~60Hzあたりの音は何となく鳴っているな??って感じです、ボーカルき良い感じで聞こえていて息継ぎの音もあまり気になりません。

・Perfect Blue(TVアニル ドラゴンノーツOP)
 いつもスピーカーの低音評価をする時に使っている曲です・・・オープニングで70Hz⇒25Hzに連続で変わる音が有りますが徐々に小さくなって50~40Hz位の所で聞こえなくなる感じがします、曲全体に聞こえているはずのベース音は低すぎて殆ど聞こえません、雰囲気作りの極低音が出ないのはちょっと寂しいですが、普通のベース音は聞こえてます。

 超小型のドロンコーンの割りに自然な低音がしてますから、ちょっとバスブーストして BGMなどを流すと非常に良い感じで聞こえます。

 正弦波を流すと下は 120Hz位から音量が下がり始め実用は100Hz位でしょうか、ぎりぎり60Hzくらいまではなんとか音は聞こえます。

 値段からするとコストパフォーマンス抜群の中々のお勧めスピーカーでしょうか??、


 では、分解です・・・

画像


 スピーカーの型番 SYH-807 4Ω 3W
 エッジを含めた振動部分 45mm、
 コーン振動板(アルミ??) 34mm
 磁石の直径 45mm
 ドロンコーンのエッジを含めた振動部分 43mm×59mm
 ドロンコーンの振動版 30mm×44mm

 コーンより磁石の直径のほうが大きいし。

 アンプは本体内に入っていて、アンプICは ATHcM 8002 で、たぶん PAM8002 の OEM???と思われます、3W D級モノデジタルアンプで2個載っています。

画像



※ 音の良し悪しは、あくまで個人的好みによる感想になります。
※ ちなみに私の耳は既に14KHz以上が聞こえない おっさん耳 です(テスト済み)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック