ドライアイ・・・

 7~8年ほどに前から、まぶたが眼球と擦ってザリザリな感じになったり、いくら瞬きしても目が開けてられなくなったり、そうなるとだんだん乱視がひどくなってきて目がかすんできたりしました。

 でっその頃に総合病院の眼科で診察を受けたらドライアイと言われて、ヒアレインを処方して貰って半年くらい使っていたが使って20~30分は良いけど結局は変わらず・・・根本治療じゃないので病院にいくのが面倒になって市販のドライアイ用の目薬を使うようになりました、色々使ってみて最近は ロート ドライエイドEX を使ってます、これだと一旦つけると2~3時間は大丈夫のようです。


最近 NHKの某番組で、ここ2~3年でドライアイの良い薬が2種類ほど出たとの情報が・・・いままでと違ってムチンの量を増やすって事らしい、しかも一度ムチンの量が増えると以降は薬は必要なくなるとか・・・人によっては根本治療が可能って事らしい。

これは診察受けて見ないとって事で、たまたま平日が会社休みになったので行って来ました。

まずは看護師さんが診察前のお話と事前検査・・・眼圧検査、近視・遠視・乱視の度数を測定をした。

その際に「TVで最近ドライアイの良い薬が出来たと見たので来て見ましたと」言ったら・・・「あぁ~ た△してガッ○ンですね、午前中にも一人来ていましたよw」って言われた。

診察では、まずは眼圧が少し上がっているとの事で眼底カメラで検査をしたが緑内障とかの異常は無かった、一年に一回は検査したほうが良いと言われた・・・・あらら。

さて、ドライアイの検査では、やはり渇きが早いとの事で目的どおりに「ジクアス点眼液3%」を処方してもらった、直ぐに効く物ではないので最低1本は使って見て様子を見るらしい、一緒に「ヒアレイン点眼液0.1%」を処方された・・・先生は、まだためしてガッテンは見てないと言っていた。

ジクアスは一日6回で3分以上経ってからヒアレインも点眼するように言われた。

画像


・参天製薬(株) ジクアス点眼液3% 5ml 6回/日
・参天製薬(株) ヒアレイン点眼液0.1% 5ml 4~6回/日

TVでは1~2日で効果有りってやってましたが、本来は3か月~半年かかけてじっくり治療するらしいですね。

実際に使ってみてましたが、久々に何も刺激が無い点眼液をさした・・・取り敢えず直ぐに効く物でもないので何も改善なし。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック