小型スピーカー・・・

音が良いって謳っている超小型アクティブスピーカーをいくつも買っているが・・・いつも謳い文句に騙されていて部屋に幾つも転がっているのに、懲りない私ですw。
↑前回と同じ出だしですね(^^; 。

秋葉原に有る イシオス ってお店を見た時に有ったアクティブスピーカーです、これも 上海問屋 DNSB-69759 と同じようにドロンコーン(パッシブラジエーター)が付いた奴で、 DNSB-69759は後ろについていましたが、これは左右の2箇所に付いています、「買っちゃダメだ・買っちゃダメだ・買っちゃダメだぁ~」と思いながらも買っちゃいました・・・音を聴いた後はどぉ~するんだコレ。

購入したのは「ノーブランド 【高級感あるアルミボディ&強低音】USBバスパワーサラウンドスピーカー F&T2048」です 価格は 999円でした。
画像


イシオスの Web では・・・

【商品詳細】
 電源:USB接続
 音声出力:3.5mmステレオジャック
 2.2チャンネル:(ダブルユニット/ダブル振動板構造形式)
 許容入力:3W*2 定格周波数範囲:20~18000Hz
 S/N比:65db カラー:シルバーグレイ

【商品説明】
 コンパクトなサイズでパワフルなスピーカー!
 本体側面にも振動板が搭載されていて、コンパクトなバスパワースピーカーでもかなりパワフルでクリアな音を楽しめます!!
 高級感あるアルミボディーも絶品!!

 突っ込んで宜しいでしょうか??・・・2.2チャンネルってなんやねん??!!、ドローンコーンと2.2チャンネルはちゃうやろ!!。

 高級感の有るアルミボディーって全部プラスチックじゃん!!。(前面パネルだけはプラスチックに金属メッキのようです)


箱に書いてあるスペックです。

F&T2048 Prime USB MULTIMEDIA SPEAKER COLOR:Gray

  Specification
  Output ………………… 3W×2(RMS)
  Sensitivity ………… 500mV
  Frequency Response … 20Hz~18KHz
  S/N Ratio …………… 65dB
  Isolated Rete ……… 45dB
  Impedance …………… 4ohm
  Speaker unit ………… 52mm
  Power ………………… USB5V

 突っ込んで宜しいでしょうか??・・・インピーダンス4Ωってなんやねん!!、それはスピーカーで有ってスピーカーユニットのインピーダンスじゃないだろぉ~~(あっ、突っ込みにムリがありました??(^^; ))

 もの自体は USBで電源をもらって、オーディオ端子から音をとります。

 実寸は 高さ:110mm×横:65mm×奥行:85mm(103mm)
 ※()内は置くと斜めになるので、その時の奥行きです

 横幅は BOSE M3 と一緒で縦と奥行が10mmずつ小さいサイズで、傾き具合もほぼ一緒・・・BOSE M3を意識しているのは確実ですね。


 さて、実際にまず聴いて見ました・・・

 おぉ~~~予想外に良い音、えっ??後で BOSE M3 が鳴ってない??って確認してしまいました。

 ドロンコーンの欠点である小音量ではまぁまぁって感じの音ですが、ある程度音量を上げると 999円と超小型 としては とても思えない音がします、低音の量も良いので、これでエージング掛けたらどうなるだろうって思いました。

 ・・・・さて、早くも(^^; 2日間ホワイトノイズとブラウンノイズでエージングかけてまみした。

 いままでの激安・小型スピーカー(ここ重要)とは比較にならないほどの音がします、音楽で普通に使われている程度の低音もちゃんと出ますが、ただちょっと高音が耳につく感じで全体にシャリシャリ感がします、特に「さしすせそ」はちょっと耳につく感じがします、BOSE M3 の使用始めのアルミネット鳴りを思い出しました、音はちゃんと左右に分かれてますが奥行き感は感じますがいまいちって感じです。

・平原綾香 Jupiter
 有名どころを聴いて見ます、90~150Hzほどのベース音は聞こえますが、パイプオルガン風の低音の40~60Hzあたりの音は殆ど聞こえません、注意すると何となく鳴っていかな??って感じです、息継ぎの音が非常に目立ってちょっと聴きにくいですね。

・Perfect Blue(TVアニル ドラゴンノーツOP)
 いつもスピーカーの低音評価をする時に使っている曲です・・・オープニングで70Hz⇒25Hzに連続で変わる音が有りますが徐々に小さくなって40Hz位の所で聞こえなくなる感じがします、曲全体に聞こえているはすのベース音は低すぎて一部しか聞こえません、このあたりは重要ですね、最近のPOP'sの楽曲では極低音を流して。雰囲気を出していたりしますから、あと何となく低音の音量が大きくなるとが歪んだ低音になるような感じがします、アンプのせいでしょうか??。

 使い続けるとどうなのか判りませんが、低音は結構しっかりでていますが(大きさと価格的には)全体的にシャリシャリ感が強くボーカルが強調して聞こえて、聴いててチョット疲れるかな??って感じがします、音量を上げてしばらく聴いていたら何となくボリュームを下げたくなる感じな?? w。

 正弦波で確認すると低音は 100Hz位から下がり始め 75Hz位までは結構出ています、60Hzからは一気に音量が低くなって40Hz位で聞こえなくなります。


 低音再生能力は、いままで買ってきた 5,000円以下の超小型スピーカーの中ではダントツでは無いでしょうか??値段も 999円ですし、これはお勧めでしょう。

 いままでは BOSE M3 とは比較は出来ないものばかりでしたが、このスピーカーは比較対象になるのではないでしょうか??・・・って事で実際に比較して見ました・・・・・・・・・・・・・・あっ、比較してはダメですね  ウン!(-_-; 訂正します比較してはダメです (^_^;  M3の圧倒的な低音再生能力とバランスは比較対象としては不適切でした・・・5万円だもんなぁ~。

 M3 とはやはり低音の量が圧倒的に違いました、M3は60Hzまでは普通に音を出して下回ると一気に落ち込みますが、このスピーカーは100Hzを下回ると徐々に下がって行く感じです、しかし量はともかく音楽に入っている低音の殆どがチャント出ているのです、出ているか出てないかってのは大きな違いです、いままでのスピーカーは出てないでしたからね、やはりドロンコーンは有効ですね~、ただドロンコーンの欠点はある程度音量を上げないとドロンコーンが働かないって事ですね、夜にBGM代わりにしようとボリュームを絞ると低音がスカスカになります、BOSE M3はボリュームを絞ると絞った量に応じて低音の量を自動的に調節する機能が付いてますから小さな音も良く聞こえます、その辺りも価格の違いでしようか。

 ただ、なぜ比較しない状態で良い音って思ったか考えたのですが、BOSE M3 ってスピーカーは音像が中央やや下にあつまり気味でスピーカーの周りの外に出て行かない感じなのですが、このスピーカーは音像が広がって聞こえる為だとだなと比較して思いました、つまり たぶん偶然のせいなのでしょうが このスピーカーはバランスが良いって事ではないかと思います、他の小型スピーカーは聞いた第一印象は「あぁ・・・やっぱ安いスピーカーだな」とか「うわ!聞きにくい」とか「耳に痛い」なのですが、このスピーカーは「お??なんか良いな」でしたから・・・。

 ちなみにシャリシャリ感を減らすために、ラウドネス風のBASSブーストを軽くかけてやると非常にバランスが良くなります。


 値段・大きさ・音質 と比較して抜群にお買い得品でした・・・これはトイレなどの狭い個室で使ったら、抜群のコストパフォーマンスなのではないでしょうか、あぁ・・・でもうちのトイレってスーパーウーファー付きのスピーカーを設置済みだったなぁ~・・・パソコン・暖房・書棚にスピーカー設置済みで、蓋をして座布団を置くと静かで読書には最適空間なんですよね (^_^; 。

 って 事でトイレで聴いてきました(^^; 、低音が反響して心地よい音でした・・・狭い空間だと反響で音像の定位がバラバラになりますからリスニングルームとしては問題ですが、BGMとしては非常に良いものでした。

 このスピーカーには、小型・低価格アクティブスピーカーとして、初めての 【合格】 を差し上げましょう、お勧めスピーカーです。


さて、恒例の分解です・・・

 アンプは先日買った 上海問屋 DNSB-69759 と同様にケーブル途中に付いています、アンプは 中国メーカーの EG8403 で 3W+3W の D級デジタルアンプです、たぶん PAM8403のOEM??だと思われます。
画像


 スピーカーはフロントパネルと共締めされて固定されていて後の止めネジは7本あります。

 スピーカーの磁石はかなり大きめです、スピーカーの振動部分はφ47mm、コーン部分はφ34mm、ドロンコーンの振動部分はφ47mm、振動版はφ31mm でした。
画像



※ 音の良し悪しは、あくまで個人的好みによる感想になります。
※ ちなみに私の耳は既に14KHz以上が聞こえない おっさん耳 です(テスト済み)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック