バイクのヘッドセット・・・

上海問屋で新製品でバイク用ヘッドセットが発売されましたので購入してみました。

DN-82875 グローブ付けたまま、操作もできる バイク用Bluetoothヘッドセット

画像


 Class2仕様で到達距離は約10m、基本的に携帯電話やカーナビ等との通信になります、ヘッドセット同士の通信は出来ません。

 私が使っているヘルメットは OGK テレオス3 です、これに付けようとしましたが、ヘルメットが厚くて引っかけ部分が相当にキツイです、もっと様々な厚みに対応するような構造だと良かったですね。
画像


 取り敢えず、携帯電話(CASIO CA-01C(A2DP+HFP))と音楽プレーヤー(にBUFFALO BSHSBT02を付けて{以後BSHSBT02と記称})は簡単に接続できました。


 次にBSHSBT02(A2DP)で音楽を聴きながら、COOLROBOトランスミッターセットBAT-01(HFP)でカーナビの音声案内を割り込みで聞くのもできました、以後この使い方になる予定です。

 いままでは、ヘルメットからスピーカー用のコードが出ていたのが無くなってスッキリはしましたが、接続が面倒になってしまいました、なんかバイクを引っ張り出してイザ出発って所で中々接続しなくて出だしで引っかかってしまう??みたいな。

 使ってみて・・・
 ・最大音量がが割と小さいです、最大音量でも高速道路だとチョット厳しいかな??って感じです。
 ・音質もいまいちです、まぁ~騒音だらけの所で高音質で鳴っても意味ないですけど、でももう少し低音が欲しい。
 ・いつの間にか後ろの充電用端子の蓋が空いていたり・・・・。
 ・スピーカーの取付けのマジックテープの付きがいまいち・・・ポロっとスピーカーが取れて来たり。
 ・マジックテープを付けている両面テープがベタベタで伸びてはがれてきます、某超有名メーカー製両面テープに付け替えた方が良いですね。
 ・一旦電源を切って接続し直すと最大音量になっていてビックリするとか、結構電池が持つようなのでサービスエリアでの休憩などの短時間は電源を落とさない方がよさそうです。

画像


【2013/11/01 追記】
 COOLROBOを使用すると、音量が小さくて高速道路で聴きにくいので結局はスピーカーを交換しました、耳かけタイプのヘッドフォンの小さ目のを選び大幅に音が大きく成りました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック