デジカメ・・・

 いままでは結構前に発売されていた SONY Cyber-shot DSC-W170 ってデジカメを使用していたのですが、マクロが弱いとかメモリースティックだとかの不満は有ったものの画質自体は文句は無い程度だったので使用していました。

 しかし、最近は無線LANでデータ転送できるメモリーカードが有るではないですが、転送の手間が全くなくパソコンに自動転送してくれる・・・これだ!!って思ったけど、うちのデジカメはメモリースティックだし・・・ダメジャンって事で、色々と調べて気に入った超マイナーなデジカメを買ってみました。

 ・General Imaging 光学26倍ズームデジカメ X600

 日本ではマイナーメーカーですが、発明王トーマス・エジソンが創設し、いまやグローバルに広大な事業領域を展開するゼネラル・エレクトリック社の製品だそうです。

 SDカードは・・・

 ・アイファイジャパン(株) Eye-Fi ProX2 16GB EFJ-PR-16
 
 を購入してみました。

 X600にした理由なんですが、コンパクトなのに一眼風な恰好・26倍ズーム・Eye-Fiカード標準サポートって所ですね。

 出かける時に小さい方が良い時はCyber-Shotを持っていけばよいしと、少し大きめにしました、何々ショーとかでおねいさんに「すみません、視線お願いします」って言ってコンパクトデジカメを向けるのは何か恥ずかしいし(性能は別にして)、一眼風で小型な恰好で気に入りました。

 使ってみた感じは・・・

 ・この組み合わせは転送が超便利、写せばパソコンに自動転送、外で写してきてもカメラの電源入れたらいつの間にか転送されている、もうCyber-shotを使う気にならなくなってしまいました。

 ・ピントが少々甘いですね、あとはちょと暗いとピントが中々合いません。

 ・思ったより軽い。

 ・暗い所はノイズが多いです。

 ・明るい所の影が真っ黒に沈みます。

 良い意味でも悪い意味でも、日本メーカーのように画像に手を加えて綺麗ポイ画像に補正していないようです。
 もちろん色々なエフェクトは備えてますが、まぁ~デジカメのエフェクトは使わないでしょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック