Bluetoothヘッドフォンを買ってみた2・・・

さて、じゃ~ Class1 の送信機 を使ったらどうなるのか??・・・やってみました。

まず、ネットを色々と調べてみましたが、Bluetooth Ver4 の Class2 の通信距離は 25m と書いてあるメーカーと 10m と書いてあるメーカーが有るようです。

Ver.4 になって通信方式の改良で Class2 が 25m になったんですかね??。

Class2最大出力で25mの物を消費電力を抑える為に電波出力を低く抑えて10mにしている物が有るのかもしれませんが、この辺りは不明ですね、結局その製品のスペックってことになるのでしょぅか??。

Class1 は規格最大100mW と成って居て、Bluetooth Class1 インカムで通信距離は最大 1500m と成って居る製品も有りますから、Class1 で 100m となっているドングルやヘッドフォン製品は、たぶん 20mW 位しか出てないのではと思われます。

実際に MM-BTUD43 と LBT-OH05TVヘッドフォンを接続して音楽を流しながら聞くとMM-BTUD43の消費電流は 約0.02A で離れて行って通信距離ギリギリまで行くと 約0.04~0.05A 程度まで上がりますが、100mW出ているなら消費電流はこんなものではないでしょうし。

と、いろいろ書きましたが、実際に MM-BTUD43 と LBT-OH05TVヘッドフォン ではどんなもんでしょう?。
PCに SANWA MM-BTUD43 Bluetooth Ver4.0+LE/EDR Class1(100m) のドングルを付けて試してみました。

アパートの部屋  「居間6畳|本部屋6畳|DK玄関6畳」

居間の中央に送信機(Class2 )を置くとDK玄関は途切れたりして実用になりません、まぁ~Class2は見通しで10mですからこんなもんでしょう。

では、MM-BTUD43(Class1)を同じように今の中央に置くと DK玄関の台所とトイレの所々で途切れる場所が有るが一応支障なく聞こえる、玄関から出ると音が途切れ途切れになる、距離的には +3m位って所ですか。

つかえねぇ~!・・・見通しで100mなんだから、障害物位あっても20m位は通信してほしかった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック