次期メインPCの仕様・・・

Ryzen8 3800X が買えなかったので、様子見をしていますが・・・やはり 3900X,3800X,3700X と全部売り切れ、入荷しても予約分だけで店頭には回らず、少数在庫がある怪しい店とか転売屋がとんでもない価格を表示してます・・・やっぱりかぁ~、AMDも結局はダメじゃん、こういう時に潤沢に用意しておけば日本AMDの今年度予算達成は安泰だったかもしれないのに(あぁでも今時は自作ユーザーってそんなにいないかなぁ~??)、まぁ~在庫用意して余剰在庫になったらって事が怖いんだろうなぁ~。

ここは、じっくりと大型店が正常価格で販売するのを待つことにしました。

でっ、やる事と言えば・・・Webを検索しまくって仕様を考える事ですね・・・この時が一番楽しいのかもしれません。

【CPU   】Ryzen9 3900X
【メインボード】ASUS PRIME X570-PRO/CSM
【メモリー  】DDR4-3600 16GB×2
【SSD   】M.2 NVMe PCIe Gen4×4 の 1TB
【電源    】メジャーメーカーの 750W
【グラフボード】GeForceGTX960
【HDD   】RAID1×2 で 8TB×4台(5.25インチベイにスロット)
【光ドライブ 】パイオニア BD のソフト付き
【OS    】Windows10 Pro DSP版
【水冷    】ポンプ800ℓ/h、水枕(マイクロチャンネル有り)
        80mm角ラジエーター×4(冷却用ファン×8個)、
        水温計、水量計、冷却水用フィルター
【他冷却ファン】メインボード冷却用120mm角、フロント80mm角×2
【他     】MOドライブ(IDE⇒USBアダプタ接続)
        2.5インチSSD用スロット×2(3.5インチベイ)
        5.25インチベイのUSB端子パネル
        FDD(USB接続)        

【CPU】は、当初はRyzen8 3800Xか3700Xでどっちかと言うと 3800X かなぁ~っと思っていたんですが、もうここまできたら Ryzen9 3900X でいいんじゃないかな??っと思い直してしまった、良いマシンを作ると長持ちするし・・・たぶん。

【メインボード】は、PCIeスロットの数で選んで見ました、PCIe×16スロットが3本、PCIe×1が3本・・・将来の拡張を見込んでスロットは多いほうが良いと思う、しかしもっとPCIeレーンを増やして欲しいなぁ~、まぁ~NVMeスロットに4レーン×2取られているけど。
(PCIeスロットのサイズはx16ですが実際は x16,x8,x4の3本、しかも x8をx8で使うとx16はx8になってしまうらしい)

【メモリー】は、DDR4-3600にクロックアップして使うでしょう普通、ちなみに3600以上を使うと逆に効率が悪くなるらしい、16GB×2枚ってのは予算が・・・って事でとりあえず今までのフルメモリーだった24GBより多い32GBに、安くなった頃を見はからって32GB×4枚の128GBフルメモリーにすることにします。

【SSD】は、やはり第三世代Ryzenを使うなら PCIe Gen4 対応の M.2 NVMe SSDしかない、5GB/Sの爆速SSDを使うのが吉・・・容量2TBはバカみたいに高いので1TBにすることにってか、OSとプログラムしか入れないので 512GBで十分なんですが Gen4の奴は 1TB以上しか存在しなかった。

【電源】は、HDD5台と、また再びグラフカードの良い奴を入れる事を考えて 750W にする、PCIe Gen4対応のグラフカードはハイエンドしか存在しないし、まぁ~そこまでパワーが必要なゲームとかしてないけど。

【グラフボード】は、これは現在の流用することにした、旧PC(i7-980X Extreme Edition)に移動しようと思ったが長すぎて入らなかったので旧PCにはGeForceGTX1650を買う事にしました。

【水冷】は、旧PC用に買ったポンプ&タンク一体化の奴は思いのほか水量が少なすぎたので、ポンプとタンクは別体で用意してポンプは水量多目を選びました、水温計と水量計とお遊びで取付け、冷却水フィルターは壊れたENERMAXの簡易水冷のように成らないために取付けることにした。

他は、RAID HDD用のHDD5スロットユニットとUSB FDDは古い奴の移植、MOはIDEなのでUSB変換をかまして取り付け、USB3.0の5.25インチベイはamazonでよさそうなのをプチった。

と、まぁ~計画を立ててます、amazonで買えるものはプチりまくり・・・再来月のクレジットカードの引き落としは目をむきそう(^^; 。

この記事へのコメント